/ フィリピンライフ

フィリピンライフ life

SSP(Special Study Permit)とは?



SSP(Special Study Permit)

「特別就学許可証」 フィリピン留学の場合、事前のビザ申請も不要で観光ビザ(30日間までの滞在は更新不要)で入国できます。その他の活動にはそれぞれのビザが必要となります。そのため観光ビザやビジネスビザでフィリピンに入国した人が、フィリピン国内で合法的に勉強をするために必要なのがSSPとなります。

Q.30日未満の留学の場合、SSPは必要ない?

A.いいえ。 留学の期間に関わらずSSPの申請が必要です。6ヶ月毎にSSPを再度申請する必要があります。また、SSPは学校毎に申請する必要があります。 SSPなしで授業を受けるのは違法です。これは個人による家庭教師の採用にも同じく適用されます。フィリピン当局の摘発を受けると入国管理法違反2万ペソの罰金が科せられ、国外追放されてしまいます。

SSPの費用と支払方法

6,000~6,500ペソ/6か月有効(1校のみ有効)
お支払方法は現地到着後、現地で両替を済ませ学校にフィリピンペソでお支払いただきます。クレジットカードはご使用になれません。

Q.SSP申請はどうやるのですか?

A.留学先語学学校が代行申請します。 事前の登録申請も不要です。 皆様が移民局等に出向く必要はありません。申請には証明写真の提出を求められますが、日本で準備していくと割高になりますので現地学校で撮影していただいたほうが安価でおすすめです。

SSPとTESDA

学校選びの際はSSPのほかTESDA(Technical Education and Skills Development authority)の認可を受けているか、などと、国の認可を受けた学校運営をされているかをチェックしてください。 ※TESDA(Technical Education and Skills Development authority)とはフィリピン政府によって定められた機関で、カリキュラムや講師の指導、財政や安全運営面で水準を満たした学校にのみ認定が受けられます。また、2009年に制定されたTESDA義務化以前の学校(=TESDAの認定義務が免除されている)に関してはTESDAを有していない場合も往々にしてあります。