/ フィリピンライフ

フィリピンライフ life

【2017】フィリピン留学の格安航空券・チケットのメリット/デメリット



LCC(エル・シー・シー)とは

格安航空会社(かくやすこうくうがいしゃ)とは、効率化の向上によって低い運航費用を実現し、低価格かつサービスが簡素化された航空輸送サービスを提供する title="航空会社" 航空会社である。ローコストキャリア(Low-cost carrier, LCC)とも言われる。

出典:wikipedia

LCCのメリット

1. 安い!

LCCのメリットは、運賃が安いこと。大手航空会社と比較すると2-5割安いと言われています。またセールを利用すると、格安で航空券を購入することが出来ます。


2. 片道から安い航空券を購入できる

JALやANAなどの航空券は往復分の航空券を購入することで割引が適用されるものが多いですが、LCCは片道からチケットを購入することが出来ますし、割引が適用されなくともそもそも安いので購入しやすいのが特徴です。

 

3. 燃油サーチャージが徴収されない

LCCによっては、燃油サーチャージが運賃に含まれている場合や、徴収されたとしても大手航空会社よりも割安です。

LCCのデメリット

 

1.座席間隔が狭い

LCCの飛行機は前の座席との間隔が狭く、男性や大柄な方は窮屈に感じます。ですがこの問題は広い座席を指定することで回避できます。その分数千円値段が上がってしまいますが、快適にフライトを楽しめて、大手航空会社より格安なので利用される方は多いです。

2.機内食、飲み物、毛布などが有料

予約の際にオプションとして追加購入するか、機内でクレジットカードで購入することになります。事前申込みが必要な場合があるのでご注意をお願いします。LCCごとにルールが違いますので、機内へ持込が許可されている場合もあります。

3.制限を超える荷物は機内持ち込み不可・重さ制限に厳しい

料金タイプに含まれている場合もありますが、7kgや8kgを超えると手荷物として機内に持ち込むことが出来なくなり、預け荷物として別途料金が発生します。荷手荷物制限のおもさは 各航空会社で異なります。また事前に預け荷物をオプションとして購入するより、当日カカウンターで追加するほうが高いので事前に重さを量っておき、計量に臨む必要があります。

3. 欠航時の保証やサポートがない

大手航空会社は欠航の際に、他社便への振替やホテル・食事代を負担し翌日便への振替を無償でおこなってくれるが、LCC航空会社ではありません。いかなるフライトキャンセルに対してもLCC側が負担することはありません。その際は全てを自身で解決しなくてはなりません。遅延は発生すると後続便後に影響が発生しますので、LCC利用の際は余裕を持ったスケジュールを作成することが必要です。

4. マイレージが貯まらない・貯まりにくい

ごく一部のLCCではポイントプログラムを行っておりますが、ほとんどのLCCでは自社のポイントプログラムを実施していません。航空会社系のクレジットカードホルダーやハードユーザーはANAやJALの方がお得になる場合もあります。

5.空港がメジャー空港ではない

LCCは、離発着料を抑えるために、メジャーな空港ではなく、ローカル空港を使用することが多いです。空港までの移動時間が予想以上にかかる場合や、国内での乗り換えが必要な場合は、時間に余裕を持って行動する必要があります。



6.空港内にカウンターが少なく並ぶ

人件費を節約する為、カウンター数が少なく、チェックイン機しかない航空会社もあります。

7.ターミナルが空港の端にある場合が多い

ターミナルが離れている事が多く、空港内での移動に時間がかかる場合があります。チェックインも早めに閉めてしまうことが多いので注意が必要です。

 

直行便・経由便のメリット/デメリット



直行便のメリット

チェックインして飛行機に乗るだけ。乗り継ぎなしで目的地へ行くことができるので、乗り換えを心配する必要がない。乗換えが必要な場合、延着やトラブルで飛行機が遅れると乗り換え出来なくなる可能がある。

直行便のデメリット

経由便と比べると運賃が若干割高であり、運行されている空港が限定的なので、その空港まで良く必要がある。たとえば、大阪からセブ島へLCCは飛んでいないので、成田まで言ってからセブパシフィックで直行便に乗る必要がある。

経由便のメリット

1.運賃が安い
2.ストップオーバーが可能

運賃が安く、一枚の航空券で複数の都市を訪問することが可能。時間に余裕があるけいゆうびんを利用も視野に入れると度が楽しくなる。

経由便のデメリット

1.乗り換えに長時間待機する必要がある。
2.フライトの遅延などのトラブルで乗り継ぎ便に間に合わない場合がある。
3.航空会社が変わったり、空港内でターミナル移動が必要な場合がある。

経由便はある程度玄人向きです。

※注意点



1.出国するチケットを持っている必要がある。
2.パスポートは滞在期間+6ヶ月の有効期限が必要

日本を出国する時、航空会社のチェックインカウンターで必ず復路の搭乗券の提示を求められます。片道しかない場合は出国できません。往復またはフィリピンから他国へ出国する航空券を事前に予約して準備しておきましょう。

帰国日が未定の場合

帰国日が未定の場合、後日WEBなどでフライトを変更できるプランを購入しておいてください。このプランをつけておくと、手荷物が20kg前後無料になるのと、シート手配量が無料になり、機内食がついて来ます。

(※航空会社によってプラン詳細が異なりますまた変更には差額分の費用と変更手数料が必要な場合があります)

30日以上留学する場合

30日以上のフィリピン留学では一度観光ビザで入国、後から現地学校が観光ビザの延長申請をすることで滞在期間を延長します。入国審査の際に審査官に滞在が30日以上だが、ビザはあるのかと質問されたら現地学校でSSPを支払い、観光ビザを延長する旨を伝える必要があります。その際に入学許可証などの許可証を求められるか可能性がありますので、スムーズに掲示できるように事前にコピーなどを準備しておりてください。