/ フィリピンライフ

フィリピンライフ life

フィリピン留学でよく聞く捨てチケットってなに?





フィリピン入国時の注意




捨てチケットを理解する為にはまずフィリピンのビザや入国に関するルールを理解しなくてはいけません。

・フィリピンへ入国するだけの片道チケットではフィリピンに入国出来ない。
・日本国籍のパスポートは30日以内はビザ申請不要
・31日以上滞在される場合は現地で観光ビザの延長手続きを行います。

捨てチケットとはなんなのか?



その名の通り「捨てる」チケットです。
航空券を購入してその飛行機に搭乗しない事をさします。

捨てチケットはどんな時に使うの?



・中長期で留学を考えている方
・帰国/出国のタイミングがまだ未確定
・現地でコースや留学期間を延長する可能性が高い方

上記に該当する方は、往復の航空券を購入すると、後でフライトを変更しなくてはいけない可能性が出来てきます。

フライト変更は同じ便でなくてはいけないので、国の変更などはできない。
フライト変更には手数料などかかる、最悪忘れる可能性がある。

例)
フィリピンに留学することは決まっている。


様々な理由から帰りのチケットはぎりぎりで買いたい。


しかし、フィリピンの入国には必ず出国チケットが必要である。


では、フィリピンから格安で行ける第三国へのチケットがあれば問題ないではないか!


フィリピンへの片道切符と、フィリピンから格安で行ける第三国へのチケットを購入する。

そして生まれたのが「捨てチケット」という考え方

捨てチケットのメリット



・往復の航空券は高いですが片道だけなので行きの留学費用を抑えることが出来る。
・現地で出会った友達と卒業後、オーストラリアや他のリゾートにバカンスに行ける。
・航空会社が行っているセールで格安で航空券を購入できる可能性が高まる。

捨てチケットのデメリット



・タイなどではビザ延長を免れるために行われており社会問題になっている。
・今後法改正や規制などでは使えなくなる可能性がある。


注意点



・捨てチケットはフィリピンでの滞在期間が30日以内の方は必要ない
・必ずしも全員が必要ではない

実際はどれくらいの価格でどこ行きの便が安いのか?



現在、多くのフィリピン留学利用者が購入するのが
マニラ ー コタキナバル
エアアジアが就航しています。
料金は時期によりますが4000円以下で購入できることが多いです。
チケットはフィリピンから他の国であれば問題ないのでフィリピンの空港であればどこでも問題ないありません。

折角だからコタキナバルを楽しみたい。


折角チケットがあるのでコタキナバルでの出入国の注意点をまとめておきましょう。

・コタキナバル(マレーシア)に入国の際もフィリピンと同様に帰りの航空券が必要。
・コタキナバルの後にフィリピンに再入国する際も出国するチケットが必要。

要するに、海外に行く際には必ず出国するチケットが必要であるという事です。

いかがでしたでしょうか?
捨てチケットをうまく利用すればメリットが沢山ある事がお分かりいただけたのではないでしょうか?

ただし今後法改正や規制でどうなるかわかりませんので、最新の情報を常に把握しておく必要があります。