/ フィリピンライフ

フィリピンライフ life

WEGとは?(Waiver of Exclusion Ground)


引用元 フィリピン共和国大使館

・15歳未満の方は入国にWEGの提出が必要です。
・15歳未満の方は保護者の同伴なしで入国することができません。
・WEG所持者は単独もしくは両親以外の方と入国することができます。

WEGの提出先

フィリピン入国管理局に(Affidavit of Support and Guarantee with Consent) 扶養/保証に関する同意宣誓供述書を提出します。

WEGを取得する

親権者の方が同意宣誓供述書をフィリピン大使館に申請します。

WEG取得に必要な書類

・扶養/保証の同意宣誓供述書 (原本1部+コピー1部)
・WEG申請書(原本1部+コピー1部)
※[WEG申請用紙をダウンロード]
・子供の証明写真(2枚)
・子供の有効なパスポートのコピー(2枚)
・同行者の有効なパスポートのコピー(2枚)
・供述書にサインをした親権者のパスポート(原本提示+コピー2枚)
・子供の出生証明書 (原本1部+コピー1枚)
-フィリピン出生児:NSO発行の出生証明書。
-日本出生児で在フィリピン大使館に出生届が提出済み:当大使館発行の出生届。
-日本出生児で在フィリピン大使館に出生届が未提出:戸籍謄本。英訳2部必要。
※[英訳用紙をダウンロード]

【注意点】
全書類A4紙で提出要。

WEG申請料

1、WEG申請料…3120ペソ(入国時徴収)
2、認証料金…US$25
3、照合料金…US$25

【注意点】
2,3はフィリピン大使館にて支払

他費用

1、出生証明書発行料
2、戸籍謄本発行料
3、戸籍謄本翻訳料
4、公証役場で認証を取得する費用…11500円


注意事項

・WEGによる入国の許可はフィリピン入国管理局により判断/許可されます。
・許可が降りると申請料を支払い入国します。
・大使館・領事館で支払ったUS$50はWEGの申請料金ではありません。
・申請書類は公証役場公証印と外務省認証印が必要です。
・認証の手続きに関してはこちらからをご参照ください。(こちらから)
・申請者が窓口で申請できない場合、大使館領事部「公証・認証課」で郵送での申請可。
・公証/認証印済みの書類を氏名、住所、電話番号を記載した切手付で返信用封筒を同封し郵送して下さい。
・申請代金は別に現金書留で送付して下さい。
・代理人申請も可能です。代理人申請は公証印、認証印済みの申請書類と代理人身分証明書、WEG申請者の英文委任状(署名入り)が必要です。