/ バギオ / HELP ロンロン

【ロケーション】
バギオから車で30分程度に位置し、山の中にある学校の周辺には何もないのが特徴です。自然の中で勉強に集中できる環境です。

【コース】
ESL-4、ESL-5、ESL-6、ESL-8、Pre Testコースが用意されています。

【スケジュールと授業編成】
マンツーマンレッスン(4、5、6、8時間)
1:4グループレッスン(1時間)
特別授業(2時間):1時間は義務
単語テスト:月〜金(20:10〜20:40)
ジャパニーズミーティング:毎日マネージャーがカウンセリングを行う
MRC(1時間):朝の発音授業およびテスト
義務自習:夜9時から11時30分

【テスト】
Placement test:レベル分けテスト
単語テスト:日本語を英語に翻訳し、発音を録音し提出。毎日25~50個
Progress test:月1回の実力測定テスト
TOEIC、IELTS、TOEFL Mock Test:試験対策コースは2週に1回

【講師】
講師全体の30%以上が講師歴8年以上のベテラン、50%以上が講師歴5年以上。レベルの高いベテラン講師陣が多数在籍している。

【サービス&アクティビティ】
20日の授業保障制:4週間で20日間の授業保証。
講師の変更4週に1回講師の変更が可能。
週末無料シャトルサービス:バギオ市内まで無料送迎あり。
ダンスレッスン:特別授業
校内クリニック:看護師が滞在。

【学校紹介】
HELPは1996年に開校したフィリピンの語学学校で一番歴史の古い学校です。バギオに2校、クラークに1校のキャンパスがあります。バギオの両校ともスパルタキャンパスで、生徒のレベルでキャンパスが分けられています。ロンロン校は初級向け、マーティンス校は中上級者向けとなっています。クラーク校はセミスパルタのキャンパスです。3校合わせて延べ5万人以上の生徒を輩出しています。 長年の運営経験とノウハウが講師レベルとカリキュラムのレベルを最高ランクに引き上げています。 学校の生徒は英語初級者ですが、EOP(母国語禁止)でスパルタ環境で学ぶことを選んだ学生なので皆さん真面目に勉強します。日本人が極端に少ないので更に厳しい環境に身を置きたいという方にはお勧めです。カリキュラムは他のスパルタキャンパスと比較すると比較的カリキュラムに余裕があるため、自習の時間を多く取っているところが特徴です。 毎日、日本人に対して行われるジャパニーズミーティングで日本人マネージャがカウンセリングしてくれますので、安心です。定期的に行われるマーティンス校への編入試験をパスすることが当面モチベーションにになります。月に1回行われるプログレステストの結果に合わせて、生徒のカリキュラムを改訂します。教科書はHELPオリジナルのテキストです。学校施設内に大学が併設されており、大学進学希望者向けコースもあります。

  • ・マンツーマン1日最大8コマ
    ・初心者向け/大学付属
    ・大規模校/施設が綺麗
  • ・試験対策コース/日本人が少ない
    ・単語テスト/スパルタ/EOP
    ・講師の質が高い

住 所 Pico-Lamtang Rd、La Trinidad、Benguet、フィリピン
設立年度 1996年
学校資本 韓国
生徒数 300 人
日本人生徒率 5%
日本人スタッフ 在中
認可 SSP認定学校
TESDA登録学校
年齢制限 16歳以上
EOP実施 あり(8:00-17:00)6Fは24時間EOP
洗濯/掃除 週3回、洗濯:週3回(10kgまで無料)
休校日 お御問合せ下さい
入学日 お問合せ下さい
学校内設備 ウォーターサーバー、食堂、売店、自習室、wifi、ジム、ビリヤード、カフェテリア、PCルーム、卓球台、バスケコート
食事 平日1日3食提供 ※土:夕食なし、日:朝食なし
内部寮:1人、2人、3人、4人部屋
寮設備 全室トイレ、シャワー完備、椅子、机、タンス等
ネット環境 共有スペースに無線LANあり
寮内:ネット利用不可
門限・外泊 月-金:外出禁止
土曜日:24:00  日曜日:18:00
入退寮日 入寮:日曜15時から
退寮:土曜午後2時まで
一ヶ月の費用 127,000円-